アクセスカウンタ

よく来たね。まあ座って。なんか飲む?

プロフィール

ブログ名
よく来たね。まあ座って。なんか飲む?
ブログ紹介
いらっしゃいませ
お前に喰わせるタンメンはねぇ!!
zoom RSS

食べるのが嫌い。

2010/08/04 19:59
まー確かに、法的に責任を問われなければ、下手に賞味期限を書く事なんて百害あって一利なしなわけですけど、そこは信頼構築っていう企業にとって初手も初手の問題なんじゃないんですか? そのへん東アジアにはない考え方なんですか? あとカップラーメンの蓋が膨らんでるのとへこんでるのとどっちがヤバいんですか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


七代目ハムの人

2010/07/29 07:10
俺の知り合いには、
「おとーさーん、パパイヤ食べるー?」「パパいやー」
を、世界一なんかすっげえなごむ感じで言える人と
「沖縄のおじさんが笑った。ナハッ、ナハッ」
を、世界一なぜか思わず吹いてしまう感じで言える人がいる。
才能ってのはそういうもんだ。
俺ごときがどうこうできるもんじゃない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


御柱に鷺は止まりて

2010/07/26 11:38
だからね、砂糖と塩をなぜか「正反対の要素」と位置づけてしまい、あまつさえ「一方を加えることでもう一方を相殺できる」、なんて無茶な発想を産み出してしまう、その荒唐無稽ながら極めてコモンプレイスなアサンプションこそ、我々人間が半ば生得的に持つ推論機構を解明する大きな鍵である可能性が高いと思うわけだよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


だからハリウッド臭ってなんなんだよ…

2010/07/13 22:50
「お前らアメリカの警察をなんだと思ってるんだ。
 いいかよく聞け。
 連中はゾンビと戦ったりなんかしない。
 あとは間違ってない」
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


MOTなんて言うほど小難しいもんじゃねえ

2010/07/09 22:06
今の時代、床屋さんはデジカメを使ったビフォーアフターとかシミュレーションとかくらいのサービスは取り入れるべきだと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Satire 4

2010/06/28 14:18
現代を風刺して脚本書くとなぜかことごとく末期的なのは、
現代が末期的なのか、
それともいつの時代でも本質的に
「現代の風刺」が当時の人々にとって末期的に見えてしまうものなのか、
っていう命題なんだと思うんだわこれって。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


とりとめビジネスプラン Stk. 02:色時計

2010/06/11 00:33
私は常日頃から
「時計ってすっげえ分かりづらい」
と思っている。常時使用するもである割には

 針の位置確認 → 数字変換 → 時刻把握

のプロセスがひどく煩わしいのである。

せめて感覚的にパッと分かるように、例えば色分けとかしてくれないかな、と思う。正午辺りだとこの色、で、だんだんグラデしていって深夜0時はこの色、みたいな、色と時間を対応させる共通認識が時計業界のスタンダートとしてできてくれないものかと思っている。そうするとなんかみんな勝手に時間間隔が鍛えられるんじゃなかろうか。「明日の午後3時に応接室ですね?」って言いながらオレンジ色を思い浮かべるとか、もうちょい青が深くなったら飯食に行こうとか、意外と役立つと思う。

いやまあ色じゃなくても別にいいんだ。感覚的なものなら。他の案としては図形変化とかだろうか。もっと思考を広げて五感のうちいずれかを使う代案を考えると、

聴覚:時報程度ならできるけど常時となると無理か。
味覚:案なし。
嗅覚:夕方にどっかの家のカレーの匂いがするとかか。
    なにそれ素敵。無理だけど。
触覚:腕時計の接触面の手触りが変わるとかか。
    面白そうだけど難易度たけえな。

…まあやっぱ視覚が手っ取り早いかと。

人間工学でも心理学でもいいんで、どっか「色時間」みたいなもの試作してみませんか?

ちょっと話はそれて豆知識だが、全く異なる2つの事柄を脳内で対応させてしまう人間の感覚を「共感覚(synesthesia)」と呼ぶ。例えば私でいうと、数字の1は赤、2は黄色、3は青って感じがする。音程のソは水色、ラは紫色、シは黄色な気がする。アルファベットのZなんて間違いなく黄色である。

まあこういった認識は元を辿ってみると意外としょうもない連想だったり、幼少期の教材が影響してたとかだったりなので何とも言えないが、意外と複数人の間で大まかな統一見解が出る、という面白い話があったりする。これをうまく使うと、例えば記憶術の一手法になったり、読み取りやすい計器のデザインになったり、赤色の非常口マークを見せてすっげえ違和感を与えて一瞬ひるませる微妙な罠になったりする。最後のやつ違くないか? 実験してみたいけど。

まあともかく、なんとなくの共感覚をデファクトスタンダードにしちまえばうまく浸透するんじゃないかな。色時計。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Oatmeal Porridge

2010/05/21 15:48
というかな、

最初の一口で反射的にえずくってことはだな、

古今東西それなりの種類の料理をさほど食わず嫌いせずデータ収集してきた俺の味覚と、

数十年間一日たりとも休むことなく働き続けたある意味本体より万倍まっとうな俺の消化器官が、

「お前これ違う。食い物やない」

って判断したってことだと思うんだわ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Nothing is worse than doing nothing.

2010/05/20 09:38
まあアレだ。あんまり広告がウザイんでドメインごとルータではじいてます、みたいなことが頻繁に起こるようになったってこった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


形而

2010/05/15 11:55
いいかー?
ドーナツの穴ってのはなー。
ドーナツ喰えばなくなるんだよ。
わかるかー?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「離れ」の効用

2010/04/05 20:16
末端顧客向け企業にとって、「商品が魅力的でない」という理由で去った客は、商品が魅力的になればすぐまた戻ってくる。しかし、「会社が信用できない」という理由で去った客は、何十年経っても戻ってこない。

例えば、企業Aが事件甲を起こし、ターゲット世代Xに不信感を与えたとする。すると、世代Xが人口ピラミッドの天井からフェードアウトするまでの向こう数十年間、ずっとそこに企業Aの顧客としての窪みができる。下手をするとその子供世代までも失う。これは「一時転落」では済まされない、とんでもない量の機会損失である。

そのあたりの違いは認識してるんだろうか、彼らは。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


思い立って書いた記事がいつもふた回り時代遅れな件

2010/03/21 11:09
私はスポーツ学なんぞ修めていないし、
とくに調べる気もないので適当ぶっこくが、
球を同時に2個以上使う球技が
競技として成立したことは
過去に一度もない、と思う。

なぜなら、
フィールドに同時にボールが2個以上あると
競技者も観客もフォーカスすべき点がぼやけてしまい、
チームプレイの醍醐味や
スポーツとしての本質を損なうからである。
競技には中心点、
つまり、「全員がこれを中心に動く」
というものがなければ盛り上がらない。
球技で言えば間違いなくそれはボールに当たる。

従って、今は昔となってしまった
某英国のメガネチビ針魔法使いの映画に出てくる
謎競技を初めて見たとき、
それはテーブルゲームの発想だ、
ポーツメーンはこんな競技思いつかない、
仮にみんな空飛べてもたぶんあの競技流行んない、
と思ったのである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


たぶんあるんだろうなと思ったらやっぱりあったジョーク

2010/03/12 08:11
The Crime Minister
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


"リラックス効果が高いことが知られており、心理療法によく使用される"

2010/01/31 02:36
エリック・サティのジムノペディってあるじゃないですか。
誰もが絶対どこかで聴いたことある超メジャーな曲です。

僕ね、小さい頃あれがすっごい好きだったんです。
たぶんテレビとかで聴いたんだと思いますけど、
なんかこう、耳に張り付いちゃったんでしょうね。

でも当然ながらまだクソガキだった頃のこと、
曲名どころかそもそもメジャーなクラシックだってことすら知るはずもなく、
加えて、自分で調べるとか人に訊くとか
そういう基礎的な知恵すらまだなかったわけで、
そらもうやきもきしたもんです。

たぶんあの時分に
「今晩この放送局で「あの曲」流すらしいぞ」
とか謎情報仕入れてたら
間違いなく一晩中テレビの前で
ラジカセの録音用のボタン二つに指かけて待機してたと思います。
で、意外とこの体勢寝転んでてもしんどい、とか思ったり
今ならいける! とか言ってトイレにダッシュしたり
結局寝落ちして朝起きて
「いや、そんな曲流れなかった。あんなのデマだ間違いねえ」
ってすっぱいブドウ亜種やったりする様まで
鮮明に思い浮かびます。

あとは、演奏技術とかどうでもよくて
ただあの曲の譜面をなぞれるようになるだけでいいから
どうにかして手っ取り早くピアノ習えないもんか、
とか思った時期もありました。
お子さんが高尚っぽい習い事に興味を持っても
大抵こういううんこみたいな動機なんで
ご注意ください親御さん方。

――

まあなんというか、
人間の記憶のシステムというのは不思議なもので、
今この年齢でジムノペディ聴くと
なんかすっげえ怖いものが込み上げてくるんですが
何なんすかねこれは。

別に耐えられますけど
気付かれないようにそっと音源から遠ざかる程度には
あんま聴きたくない曲になっちゃってます。

一体何と結びついちゃったんでしょうか
僕のニューロンは。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


違うんだよなあ。生き方が。

2010/01/21 22:29
―― 大体どこを狙って仕留めるんですか?

「うん。良い質問だね。
 奴らは野生だから気配に敏感だ。
 しかも、中途半端に当てるとそのまま逃げられる。
 常套手段としては、後ろから近づいてケツを狙う。
 で、頭まで貫く感じの射線にする。
 正面はまずないし、横っ腹も成功率が低い。
 あと、どこまで近づくかが問題だが、
 これは道具によって全然違う。
 俺の場合はボウガンだから
 気づかれずに50m以内まで近づかないといけない。
 これがボウハンティングの醍醐味だ。
 銃の場合はもっと遠い。だからあれは全然別のスポーツだ」

ハンターのオヤジさん家にお呼ばれしたときの
夕食での会話。

野生の鹿肉のシチューは
歯ごたえがあって美味かった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Preaching Hog

2010/01/20 10:10
天罰は信じる者にのみ下る。

なぜなら、信じない者にとって

降りかかったそれは

天罰ではないからだ。

―― マルタイ伝より
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


銀の些事

2010/01/16 12:03
降雪だけならまだいい。

気温が-20℃を下回ると
地表に積もった雪の結晶構造がほとんど崩れず、
圧力の低い積雪表層部はコロイドとしての流動性を保つ。
その結果、強風によって
これがあたかも砂漠の砂塵のごとく舞い上がり、
視界を白一色に染める。

これが、ブリザートと呼ばれる天候であり、
ホワイトアウトと呼ばれる現象である。

このように視界と音が遮断される状況では
人間の生態上、意識レベルが低下しやすく、
通い慣れた場所ですら
方向感覚や避難のための正常な思考を失うことがある。
そのため、可能な限り外出を避け、
やむを得ない場合は万全の準備と細心の注意をすることが肝要である。



……ここはどこの山脈ですか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ぼくらはみんなごはんを食べないと死んじゃう病気

2010/01/13 11:50
※ 告知 ※

今週はカレー曜日です。
滅多に作らないので、
インドの神様に祈りつつ食べましょう。


※ 献立 ※

月曜日:カレー
火曜日:月見カレー
水曜日:チーズカレー
木曜日:エビカレー (冷凍)
金曜日:ナゲットカレー (ファーストフードテイクアウト)
土曜日:カレーラーメン
日曜日:鍋底カレー

(一日二食のうち、デランチにて提供されます。
 朝はトーストのみとなっております。)


※ 注意事項 ※

カレーのストックは
向こう2日分は冷蔵、
それ以降は冷凍としてください。
じゃないとカビます。

流通の都合上、福神漬やらっきょは付きません。

カレーにはラッシーか牛乳以外認められません。
お茶等の持ち込みが発覚した場合、
500円の罰金となります。

「飽きた」と言った場合、
厳罰に処されます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロボ チガウ

2010/01/12 03:08
まあ待て。
日本人だからガンダム知ってるだろってのは間違いだ。
俺が知ってるのは
シャアが赤くて三倍なのと
死んだのは坊やだからってことと
こいつ動くことくらいだ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


Laissez-faire

2010/01/10 21:02
いやまあ、警告のつもりなんだろうけど
「葬式代よりゃ安いよ」
ってセリフを素で言っちゃうそのドクターもどうかと思う。

たしかにアメリカ様じゃ、
シットコムの笑い声SE入れときゃこれしきのことOKかもしれんが
日本じゃそのセリフはたぶん無理。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

よく来たね。まあ座って。なんか飲む?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる